ローソファーの魅力を分析!3つのメリット

ローソファーを選ぶ意味

ローソファーは、文字どおり高さの低いソファのことを言います。座面だけでなく、背もたれ部分も低いデザインが一般的です。フロアソファとも呼ばれています。

大きな特徴として、一般的なソファと比べて、部屋に置いたときに圧迫感が少ないことが挙げられます。そのため、部屋が広く見えるという効果があります。また、小さなお子さんやペットと暮らす場合には、ソファから落ちてしまった場合にも、座面が低い分、比較的安全といえるでしょう。

お客さんが多い家庭にお勧め

フロアソファと別名がある通り、まるで座椅子のような感覚で座ることができます。そのため、5人10人といった大人数のお客さんがあったときに、ローソファーの人と床に座る人との目線が近いので、違和感なくおしゃべりしたり、食事を楽しんだりすることができます。

アジアンテイストのローソファーがおススメ

一般に、ソファを置くのは洋室はおおいでしょう。しかし、ローソファーは和室にも違和感なく置くことができます。特にアジアンテイストであれば、和室にもしっくりきます。洋室に置くときにも、床面と座面との距離が近いので、まるで畳で寝転ぶようなリラックスして時間を過ごすこともできるでしょう。

知っておいて。これはちょっと困った?

ローソファの場合、立ち上がる際にちょっと足腰に負担がかかる場合があります。ひざなどが弱い方は避けたほうが良いかもしれません。

また、ソファーの真下には掃除機が入るスペースがないことが多いので、掃除の際には移動させたり、もしくは床に密着タイプのソファーを選ぶと衛生的にも安心でしょう。

ゆったりとくつろぐには座椅子のような感覚で落ち着けるローソファがおすすめです。そして、デッドスペースになりがちな部屋のコーナーへL型のソファーを置くことで真ん中の空間をより広く見せることができます。