室内をおしゃれに演出!ロールスクリーンの特徴を理解して上手に使おう!

ロールスクリーンの特徴とお手入れの方法

ロールスクリーンはカーテン生地の一種で、ロール状に巻かれた生地を開閉することで高い遮光性を得ることが出来ます。通常のカーテンと比べて生地が薄いので場所を取らない利点があります。また、開閉作業も紐を引っ張るだけで出来る構造になっていることから窓の目隠し以外に室内の簡易的な仕切りに使うことも可能です。
ロールスクリーンは生地の薄さと軽さを保つために化学繊維で作られている物が多いことから静電気が発生しやすく、埃などの汚れが付着しやすい点を注意する必要があります。汚れたロールスクリーンは固定用の金具を外すことで洗濯が出来ますが、生地が大きいので乾燥させる際は場所の確保が重要です。また、防炎や遮光などの加工が施されているスクリーン生地は品質が損なわれる可能性があるので専門御者に洗濯を依頼するのが無難な対処法です。

ロールスクリーンを購入する際のポイント

ロールスクリーンは家具の販売店やホームセンターなどで購入することが出来ますが、遮光性や目隠しの効果を損なわないためには窓の寸法に合致した物を選ぶことが大切です。そのため、窓の寸法によっては長さをオーダーできる製品を選ぶ必要がありますが、生地の材質やデザインを自由に選ぶのが難しい点を注意します。近年では通販サイトを経由して好みのスクリーン生地を購入する方法もありますが、実際に自分の目で材質を確認することが出来ないので業者選びは慎重に行うのが居住性を保つための条件です。
ロールスクリーンは室内の雰囲気を良好に保つインテリア用品なので、長く使い続けることが出来る良質の一品を選ぶのが快適に暮らす秘訣です。

オーダーのロールスクリーンは、サイズを自由に選べるだけでなく、素材やデザインの種類も大変豊富なので、室内のお洒落度アップに大変役立ちます。