投資対象として金の魅力と金を取引する方法

投資対象として金を選ぶメリット

金は需要が高く価値の高い実物資産として人気があります。建造物のような減価償却財産と違って時間の経過と共に価値が下がってしまう資産と違って長く保存していても価値に影響がありません。

株式や債券のような有価証券は発行している株式会社や国の信頼があってこその価値になります。そのため発行されている証券自体に需要があって価値がある訳ではないので、発行元が急激に信頼を失墜すれば急激に価値が下がります。もし発行元が消滅するところまでいけば価値が下がるどころか無価値になります。これを信用リスクと言いますが、金はその物自体に需要があって価値があるので、株式や債券にあるようなリスクはありません。

需要が下がらなくても金の出回る量が急激に増加して供給量が増えると価値が下がってしまいます。金の場合は新たに採掘されてはいますが、コストも時間もかかるので市場に急激に金が多く出回って価値が下がる事は現実的ではありません。

金はインフレによって通貨の価値が下がった時にも比較的強い資産です。さらに景気の悪化によって有価証券の信頼が低くなった時にも価値が上がりやすい資産なので、資産の保存にも向いている実物資産です。

金の取引の購入の仕方

金の購入方法はいくつかありますが、貴金属メーカーなどが製造している金地金を店舗や電話で購入する方法があります。銀行や証券会社などで純金を積立で購入していく方法もあります。積立で購入すれば予算にあった金額分を購入できて管理も自ら行う必要がありません。直接金を購入せずに金を運用している投資信託である金ETFを購入して運用益を受け取る方法もあります。

金買取とは、不要になった貴金属類に使用されている金を買取るサービスです。昔は質店が一般的でしたが、近年では宝石店やリサイクルショップなどでもサービスを提供しています。