憧れは強いものの、理解しづらい機械式時計

機械式腕時計とは、シンプルなクオーツ式腕時計とは違った雰囲気の迫力があるため、ファッション性が高く、憧れを持っている人はたくさんいます。しかし、手巻き式・自動巻きなど本気で勉強しないとわかりづらいような難しい用語が色々とあるため、覚えるのが大変で買う気にならないというような人もよくいます。そんな中、安いものなら国内メーカー品が5万円程度で買えたりもする自動巻き式の機械腕時計の仕組みを簡単にご紹介します。

自動巻きはゼンマイを巻く必要がない

手巻きの機械式腕時計とは、オルゴールのゼンマイを巻くように定期的にゼンマイを巻きあげる作業をし続けなくてはなりません。それに対して「自動巻き」は何が自動なのかというと、時計の内部に半月のような形をした回転子(ローター)というものがついていて、歩いている時の腕の振りによる遠心力にてローターが回転し、それが繰り返されることによって、自分で何もしなくてもゼンマイを自動的に巻き上げてくれるというような仕組みです。

パワーリザーブ機能のある商品なら止まる心配なし

自動巻きの機械式腕時計は、自分でゼンマイを巻く場合と違って、どれくらいゼンマイが巻き上げられているのかわからない、という欠点を昔は持っていました。しかし、ゼンマイの巻き上げ度(残り駆動時間)をおしえてくれる「パワーリザーブ機能(表示機能)」というものが文字盤に取り付けられた自動巻き商品が登場し始めたことにより、パワーリザーブ機能付き商品を買えば急に時計が止ってしまう心配もなくなりました。その他、パワーリザーブ機能がない商品を買っても、ワインディングマシンという、腕を振る動作をしなくてもゼンマイを巻きあげてくれる商品を買えば、時計が止る心配は要りません。

ウブロは、舷窓を模したビス留めベゼルが有名な腕時計ブランドで、機械式腕時計は手巻きと自動巻きを製造しています。