直射日光を遮断して建物を守る!

壁面緑化は、建物を植物で覆うため直射日光から建物を守る事に繋がります。

建物が劣化する原因の直射日光に含まれる紫外線を防ぐだけではなく、壁面の温度上昇を抑えて膨張縮小による亀裂の発生からも建物を守れます。

壁面緑化は建物の定期的なメンテナンスの手間を抑えれる事が導入するきっかけになったという方も多くいます。

空調コストを削減出来る!

直射日光を遮断出来る壁面緑化は、夏には植物から発生する水蒸気で建物内部の温度上昇も防げます。室内が暑くなりにくい事で、空調を使用する機会を減らしたり空調温度を下げなくて済みます。一方、冬では植物に覆われている事で暖かい空気を外に逃がす事を防いだり、乾燥している空気に潤いを与える事が出来ます。

季節を問わず、建物内部の環境を快適に保てる事から空調コストの削減が出来る事でも利用者が増えています。

エコ効果と周辺への癒やし効果

植物を多く使用する壁面緑化は、導入するだけで建物周辺の空気を浄化する効果があるエコ効果も注目を集めています。また、都心部で問題となっているヒートアイランド現象を軽減させる効果もある事から補助金が出る場合もある地域も珍しくありません。

植物にはストレスを解消する効果があったり、緑に囲まれて気持ちをリフレッシュ出来たりと癒やし効果を期待して壁面緑化を導入した建物周辺にベンチ等を設置し休憩スペースを作るといった活用方法もあります。

建物だけではなく、周辺に様々な好影響を与えれる事も壁面緑化を導入する魅力の1つとなっています。

壁面緑化は建物内の熱を抑えてくれるほか、反射熱も低減することができます。自治体によっては、補助金を出してくれるところもあります。